Entries

気になるカワサキZ900RS

171106za.jpg

 今年も東京モーターショーに行ってきました。
……でも私、東京モーターショーの手記って毎回、最後まで書ききった覚えがないんですよね(^^;)
なので今回は、気になったモデルだけに絞って何やらグダグダと書き連ねていきたいと思います。

 ○ 気になるKawasaki Z900RS

171106n.jpg

 今回のモーターショーで個人的最も気になっていたのがこのバイク。
衝撃の、とか驚きの、とかよりも、やっとか、とかいつまで待たせてるんだよ!的な印象のほうが強い、
往年のスタンダードスタイルを現在の技術で再現したモデルです。
 そもそも、日本のメーカーがこういうスタンダードな丸ライトのスタイルのモデルの新型を、
なぜここまで頑なに拒んでいるのかが理解できなかったんですよ。
確かに旧式然とした価値観ですが、XSR900の成功例から見ても、今の若い人たちだって、
そもそもの『バイクらしさ』としてああいうスタイルが好きで、自然に格好いいと思える層は多いと思うんです。

 敢えて書くほどでもないのですが、このバイクの『RS』は、『最高性能』を謳う900 SUPER FOUR 、Z1を横に置いた、
Z2の正式名称『カワサキ750RS』。ロードスターの頭文字から来ていて、
( 最高性能ではなく )街角に映えるスタイリッシュな高性能。とか、なんかそんな感じの解釈でいいと思います。
 画像で見ていたうちはアレ?というか、特にエンジンの横っ面辺りに、何だよ~?とか思っていたのですが、
実際目の当たりにすると結構上手にアレンジされていて、おっ?!、こりゃこのジャンル、面白くなりそうだな。
なんて嬉しくなっちゃいましたよ。

171106ze.jpg



171106e.jpg

 デザイン的に気になるのは、とにかくリアセクションがスカスカな感じ。
カムカバーを含めたシリンダー周りの造型も、これじゃタバコ1本も吸えそうにないかなぁ?
テール周りも黒いプラスチックがむき出しで、なんだかスズキのイナズマみたい。

171106zt.jpg

元祖Z1やゼファーと比べてしまえばタバコの消費量は格段に減少しそうですが、まぁ、健康にも良さそうですし(^^;)、
何よりこの独特の丸っこいタンクが絶妙にイメージを継承していて、
なぜ今まで、こういうバイクを作ってこなかったのか?はヤッパリ、個人的に大いに疑問が残っている点です。


 カワサキはファン層がヤマハとはちょっと違うんですよね。

171110za.jpg

ヤマハのファンって昔から、
四気筒は直立にそそり立つエンジンが一般的だった時代にイキナリ前傾エンジンとか作っちゃったり、
ドラッグマシンといえばV型2気筒が常識だった時代にV型四気筒、
しかも一つのシリンダ-に2つのキャブで混合気を送り込むトンデモギミックのアメリカンを作ったり。
そんな、性能の裏づけがあれば比較的アバンギャルドな革新を許容するところがあって、
エンジンやカウル等、個々のパーツ自体にはあまり拘らない傾向があるのですが、

171110zzb.jpg

 カワサキのファンってむしろ『それが大事』というか、
その新型モデルにおけるパーツの造型が、如何に伝統に沿っているのか?を特別視するところがあって、
それはゼファーの大成功だったり、万能マシンGPZ1100の不人気っぷりなんかに出ていると思います。
 そんな感じで、ヤマハのXSRが同社の伝統に全く沿っていないスタイルながら、
『なんとなくそれっぽい』という曖昧な基準で、ああして『カコイイ!カコイイ!』と若い人たちに持て囃されているのと違い、
カワサキが往年のスタイルを現代に蘇らせるには、『血統を重視したパーツ造型』が必要という。

 なんというかそういう、とてもややこしいファン心理を形にしなければならなかったので、
この『RS復活計画』は非常に難儀なプロジェクトだったと思われます。

171106j.jpg

 スタイルだけでいえば、ん~、Z1と比べちゃうとなぁ。

171106zu.jpg

……て気持ちは正直、ないわけではないのですが、性能を鑑みれば十分に魅力的なモデルだと思いますし、
ヤマハにばかりいい思いをさせている訳にもいかないので、
100点とは行かないまでも、80点ぐらいには十分評価できるのではないかと思います。

171106zd.jpg

 ヤマハより20kg重くて5馬力低く、
全長25mm長くて約25万円高いのかぁ。
Z900RS火の玉カラーが約133万円で、XSR900本体が約105万円、例のオーセンティック外装込みでも約120万円だとすると、
価格はヤマハのほうが頑張っているといえそうです。

161007i.jpg

 個人的には最高出力ぐらい150馬力そこそこも欲しかった気がするのですが、
そんな感じでカタログスペックでいえばヤマハに勝っているものがない。
多分そこが逆に今回狙ったところで、

171110ae.jpg

今までの新車登場の経緯からすると、ヒットした一車に対して他社が大同小異のモデルを追従させるのが一般的な市場の法則だったのですが、
カワサキは今回、チャキチャキの元気娘みたいなヤマハXSR900の特性の模写に拘らず、自身が理想とする『現在のRS』を目指したんだと思います。

171106l.jpg

 まぁ、どうしたって大排気量四気筒であのシュンシュンした感じは出せないもんね(^^;)
それよりはもっと四気筒らしさ、
乗っていないので憶測になるのですが、もっとあの長柄物を振り回すような、ズォォォォッと腹に響く低回転からの盛り上がりを演出したのではないか?
溜めというか少し勿体ぶりながら、微振動と共にグルグルと盛り上がってゆく四気筒特有の味わいを魅せてくれるのではないかと思います。

 ……まぁ、余談ですけど私は既存型四気筒エンジンのその特性が些か苦手だったのですが(^^;)

 そんなエンジンの特性もあり、私がどちらかを選ぶとするならばヤッパリXSR900になりそうですが、
パーツの造形なんかもそれぞれ狙いが違っていて、比較すると面白いですね?

171106a.jpg

パッと目に付いたのがメーター。

171106m.jpg

実は私、大きな二連の砲弾型メーターはちょっとあまり好きではなく、
逆に薄型でコンパクトなXSRの単眼メーターはかなり『理想のメーター像』に近いのですが、その機能性もデザインも、乗る人それぞれに好みがありますし、
ヤマハのカスタムライクな方向性に安易に乗らなかったカワサキのまとめ方も、コレはコレで良いものなんじゃないかと思います。

 ただ、ヤマハもそうなのですが、今の時代、スマホのナビぐらいは当然の装備なので、
それを前提としたコクピット周りの形状を考えたらいいのになぁ。
ナビステーがぴょこんと飛び出している姿はあまり格好良いものではないですし(^^;)


171106zr.jpg

 今回こうしてカワサキがRSを復活に踏み切ったのは、もう先ほどから述べているようにヤマハXSR900の成功が大きかったと思うのですが、

171110ad.jpg

ヤマハは少々シャレオツに振りすぎていて、なんというか、
テキスタイルのジャケットと革パンとかで、乗り手もピシッとしていないと何だかサマにならない感じがありますが、
その点、カワサキのロードスターならばドカジャンと軍手でだって不思議と映える懐の深さを持ったデザインだと思います。
私自身が購入して乗ることはないと思いますが、
それぞれのスタイルに溶け込んだこのカワサキを、街の至るところで見かける日が来るのが楽しみで仕方がありません。

171112.jpg


 値段がちょっと高いのが気になるんだよなぁ。
130万円っていったら日帰り500kmぐらいを楽勝でこなせるようなモデルの価格帯にもなるので、
おおむね日帰り300km以内が適切な、スタンダードなロードスターにそこまでの投資を決断させられるのかどうか?
例えば2~3分で簡単に取り外しできるスタイリッシュな風防スクリーンでもあれば休日の過ごし方も幅が出るのかなぁ?とは思うけれど。

171106n.jpg



関連記事
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://northfoxes.blog73.fc2.com/tb.php/630-e8d94542
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)