Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1184] 初めてここにたどりつきました

MVアグスタというレア車の貴重な情報をありがとうございます。ストラダーレやツーリズモに興味津々です。訪れた土地の景色と空気をたくさん楽しめそうなので。

限定解除してからはヤマハXS650スペシャル→BMW R1200C→スズキVANVAN200と乗ってきて、やっぱり600〜800クラスが自分にはいいのかなと考えながら、そういうサイトを見てまわってます。
(あ、バンバンは獣道や砂地から高速道路まで乗れる万能スーパーカブみたいなかわいい奴なので置いとくつもりです ^ ^ )

憧れのMVアグスタながら実態がよくわからないので、これからもトラブルとかメンテとかの小ネタだろうとアップしてくださるとうれしいです。

 

[C1187] > cholba様。

 返事が遅れて申し訳ありません。
MVアグスタとは最近少し疎遠になっているのですが、出来ることならもうちょっと頑張って欲しいなぁとも思います。

 『憧れ』は大きいんですよねぇ。
ただ、良くも悪くも『イタリア車』という感じなので、日本車とは付き合い方のコツが違うというか……
消耗品等の基本的な考え方が多分少し違う、
もうちょっと平たく言えば、妙な部品が壊れたり、その上でパーツ納期に時間が掛かったりするところがあるので、
セカンドバイクを持っているのと、
イタリア車に手練れなディーラーさんにお世話になるのが素晴らしいアグスタライフを送れるか否かの鍵でしょうか?

 乗るとやっぱり楽しいんですけれどもね

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://northfoxes.blog73.fc2.com/tb.php/513-c4dd9b3c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

MVアグスタ ストラダーレ 試乗

 試乗商談フェアを今度の7月11(土)、12(日)に控えたMVアグスタのストラダーレに試乗させていただいてきました。

150706b.jpg

 ○ MV AGUSTA STRADALE 800 試乗

150706zb.jpg

 だって、まぁ。新たにウインドスクリーンが付いた顔つきは私も欲しかったので良しとしますが、
折角の躍動感溢れ且つ無駄のない曲面フォルムを、ワザワザゴテゴテとしたサイドケースやトップケースで台無しにする手はないんじゃないのかなぁ?と、
MVアグスタのツアラーはずっと以前から発表済みのツーリズモ・ヴェローチェもあるし、
ストラダーレは私の中で、本当スンマセンがずっと『いらない子』認定をしていたのですが(^^;)、
実際は後ろのゴテゴテとしたステー類を含めて容易にパージ出来るらしいのですよ!
そうなってくると単純にウインドスクリーンと16l タンク(リヴァーレは12.9l )装備の、
『ほぼリヴァーレ』として俄然興味が湧いてきちゃうじゃないですか!
そんなこんなでMVアグスタ東京さんに置かれていた試乗車は、リヤ周りのすっきりしたものでした。

150706i.jpg



140218b.jpg

 パッと見ただけでもいろいろ気になるリヴァーレとの違いもあるのですが、何よりもの変更点は、

遂に、

150706s.jpg  150706t.jpg

ついに!

150706za.jpg  150706u.jpg

150706z.jpg

アグスタ三気筒の特徴でもある『三本出しショートマフラー』が、
GO-HO-的に装着可能になりました!


150706y.jpg


150706n.jpg

 四角いデザインが個人的には丸パイプ三本のほうが好きですが、何より。
実音量や世界基準がどうやらとか、屁理屈で自分や周りを誤魔化さなくても、
日本国内でもこのままのスタイルで走ってよいと太鼓判があるというのはやっぱり精神安定上宜しいものだと思います。

150706x.jpg



150706c.jpg

 まぁ、そんなこんなで取り敢えず走り出してからの印象なのですが、
このバイク。とにかくこのシートだけで1~2か月間は所有感を楽しめそうです。

150706f.jpg

写真で見ていた時は何だかヤボッたいなぁ、とか感じていたものの、
実際目の当たりにすると、立体加工を強調させた縫い目の部分や表皮などが、クルマの革シートをほうふつとさせる仕上がりになっていて、
ナルホド!この手があったかっ!?
見ているだけでもの凄く『座ってみたい欲求』を刺激させられます。
これ凄い。ヤバイ。
こういう細かいところで所有欲を刺激するのってMVアグスタ、本当うまいよなぁ。

150706j.jpg

 柔らかさとか尻の移動率とかがどう変わったのか?は正直、リヴァーレの感覚をもう忘れてしまっているのでなんとも比較できないのですが、

150706r.jpg

これは性能うんぬんよりも寧ろ、アレの効果と同じですよね?
モーターショーとかでBMWのクーペとか窓から覗いてみると(ここはMV的にはAMGと例えたほうが良かったか?(^^;))、
内装の質感と非常に調和のとれた革張りのバケットシートがあって、
あぁ、これに座ってるだけで駆け抜ける悦びが楽しめそうだなぁ……とか妄想しちゃえる感じ。

150706p.jpg

150706k.jpg

 シルエットとしてはリヴァーレのシートのほうが断然スッキリとしているのですが、
パーツ毎に立体裁断で作られたストラダーレのシートは見ていても上質感が高く、
この形状でこの感触で、作り手がどんな体重移動を考慮してこのカタチを作ったのか?
とかそんなことを考えながら走るのも、また面白いと思います。

150706h.jpg

 エンジンは低回転のマップ制御が変更された印象で、
以前の、F3に比べてギヤ比が低いためか発進からの開け始めでピョコンと車体が立ち上がってしまう感触が抑えられ、
要するに少々マイルドな発進をします。
ところがそこからちょっと開けた4000回転ぐらいになると、2015年型F3-800でも感じたような、
元気な子供に腕を引っ張られるような瑞々しい、ワクワクするような加速感が味わえ、
それで尻がシートの立体部分に押し付けられて、また高揚感が上がってゆくという。
 とにかく今回は、シートの印象が絶大でした。
元々リヴァーレは好きなバイクなので、隙があったらまた試乗させて頂きたいなとか企んでいたもんですが、
見晴らしが良く、制御感があって、その上実は街の小道も楽しいという、
『オフ車の利点を用いてオンロード車を構築させた』このバイクの持つ『楽しさの要素』を更に引き上げているような小変更の数々。
16l タンクは何だかんだで使い勝手が良いだろうし、
ミラーを一般的な位置にしたのも渋滞時のすり抜けのし易さなどに差が出るだろうと思います。
マップの味付け変更とスイングアームの30mm延長という辺りは個人的にネガティブな変更点になるんじゃないかと思っていましたが、
過激さを多少和らげたぐらいでは、そもそものリヴァーレの楽しさをそれほどスポイルするものではなかったみたいです。

 操縦性はリヤ荷重云々なんてことよりもとにかくフロントに荷重を掛けてフロントの裁量で曲げてゆくような印象で、
その辺りが今まで私が勉強してきたような、リヤの様子を見ながら車体を傾けてゆく感覚とはだいぶ違うのですが、
モンスター1200やブルターレ・ドラッグスターの例もあるのでそういう、
ハンドルを握ってフロントタイヤとエンジンの脇に身体をぶら下げるような体重移動のほうが合うのかもしれません。
もうちょっと山道とかも走らせられたら色々走らせ方がわかるのかもしれないけれどなぁ。

150706m.jpg

 そして、私がバイクを選ぶうえで、どうしても気になるのがウインドプロテクション性能。
見た目的にはどうかな?
私はカウルの上部分は黒のままのほうが良かったような気はしますが、その辺は個人の好みにもよりますし、

150706q.jpg

性能でいえば確かに、街乗り程度でも胸より下の部分に関してはかなり風圧を感じなくなっています。
 スクリーン自体は多少上下にセッティング可能で、その上面がU字型に凹んでいるんですよ。
なので高速走行時などはそこにヘルメットを合わせる姿勢にすると、見た目以上の整流効果が期待できそうです。
……まぁ勿論、営業の方の話だと、150km/h 、180km/h ぐらいになるとそれなりにハードな事態になるらしいので、
その速度域でも空気の流れに吸い込まれるようにガッチリ安定した走りを見せるF3と同じようには考えないほうが良さそうです(^^;)
 以前リヴァーレの試乗記で『休日前夜から延々と下道を快走するツーリングが似合いそうだ』という印象を書いたのですが、
ストラダーレはそこに『高速道路』も視野に入れ、
『休日一日分を、如何にバイクで走り尽して楽しむか?』という辺りがコンセプトになっているような気がします。
 それで特に予定のない平日はバッグ類をパージして、街中の小道でも楽しめる『ほぼリヴァーレ』として活用できるのだから、
こんなバイクがあったら、いつも忙しい日々の中での『バイクライフ』が楽しく充実したものになりそうです。

150706zc.jpg

 それにしても、最近乗ったブルターレ・ドラッグスターやF3に比べると、不思議な上質感がありますね?
なんというかショックが良いのか?前述のシートやスクリーンの出来が良いのか?
全体的にMVアグスタ三気筒という、ややガサガサしたエンジン音はするものの、
目に入るところ、体に触れるところの作りの質が良くて、
例えばヤマハのトレーサーがコストの関係で割愛せざるを得なかった部分だと思うのですが、

150706ze.jpg

お国柄というか、『このバイクはこうあるべき』と考える方向性。
多少コストが上がっても、『このバイクはここの質感を上げると更に気持ち良く走れるんだ』とか、
『こういう姿勢を基に、こういう扱い方をして欲しいんだ』という、作り手側のメッセージがあるような気がして、
その辺りが結局、雑誌などで海外モデルが好印象で紹介されるゆえんなのかなぁ?
 勿論、国産車だって、きちんとお金をかけたショックやシートに替えて、
形状の考えられたスクリーンやバッグなんかをつければ上質感を味わえるとは思うのですが、
それらを探して取り付けるまでの苦労や出費が車両本体価格に入っていないことを考えると、
最終的にはどっちがお得に満足感を得られるのか?は結構迷うところではありますよね?

150706d.jpg

 いや~、ストラダーレ、いいわぁ。
あの姿勢の高さによる見晴らしの良さと小道に入り込みたくなる低速域の面白さ、
リヴァーレから約3l 容量が増えたガソリンタンクや所有感を満たすシートの作り等々、
試乗した時もそうだし、机上で考えているときも本当魅力的で、乗り換えようか?と迷うのですが、
この帰りに自分のF3-800に乗った途端、
ストラダーレの上質感は確かにすばらしく魅力的なのですが、
F3のこのゴリゴリとしたダイレクトな感触に、あぁ、やっぱり、自分がバイクに乗る理由ってこれだよなぁ……
25年も飽きずに求めるこのレーシングライクな乗り味に、
あと、もう数年は付き合ってから次の価値観を考えようかなぁ、なんて、逆に思わされたりもしました。

150706zf.jpg


 う~ん……
でもヤッパリ、こうして机上にいると、ストラダーレの『毎日が楽しくなりそう』な特性は魅力的だなぁ(^^;)


150706l.jpg


○ MVアグスタ ストラダーレ 試乗
○ 気になる MV アグスタ ツーリズモ・ヴェローチェ
○ TOURISMO VELOCE 800 OPEN DAY in マツダターンパイク


関連記事
スポンサーサイト

2件のコメント

[C1184] 初めてここにたどりつきました

MVアグスタというレア車の貴重な情報をありがとうございます。ストラダーレやツーリズモに興味津々です。訪れた土地の景色と空気をたくさん楽しめそうなので。

限定解除してからはヤマハXS650スペシャル→BMW R1200C→スズキVANVAN200と乗ってきて、やっぱり600〜800クラスが自分にはいいのかなと考えながら、そういうサイトを見てまわってます。
(あ、バンバンは獣道や砂地から高速道路まで乗れる万能スーパーカブみたいなかわいい奴なので置いとくつもりです ^ ^ )

憧れのMVアグスタながら実態がよくわからないので、これからもトラブルとかメンテとかの小ネタだろうとアップしてくださるとうれしいです。

 

[C1187] > cholba様。

 返事が遅れて申し訳ありません。
MVアグスタとは最近少し疎遠になっているのですが、出来ることならもうちょっと頑張って欲しいなぁとも思います。

 『憧れ』は大きいんですよねぇ。
ただ、良くも悪くも『イタリア車』という感じなので、日本車とは付き合い方のコツが違うというか……
消耗品等の基本的な考え方が多分少し違う、
もうちょっと平たく言えば、妙な部品が壊れたり、その上でパーツ納期に時間が掛かったりするところがあるので、
セカンドバイクを持っているのと、
イタリア車に手練れなディーラーさんにお世話になるのが素晴らしいアグスタライフを送れるか否かの鍵でしょうか?

 乗るとやっぱり楽しいんですけれどもね

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://northfoxes.blog73.fc2.com/tb.php/513-c4dd9b3c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)